【古代】邪馬台国の人はカエルを食べた? 奈良・纒向遺跡で骨が大量出土 「神への供え物にカエルが使われた」

1 :樽悶 ★ 2019/04/25(木) 17:26:00 KsrG20xr9
纒向遺跡から出土したツチガエルの上腕骨。同じ骨を別角度から撮影した。スケールバーは1ミリ(中村泰之琉球大博物館協力研究員提供)

纒向遺跡で見つかったオスのツチガエルの腸骨(下のイラストの線が骨についた傷の位置)。スケールバーは1ミリ=琉球大博物館・中村泰之協力研究員提供

邪馬台国の有力な候補地とされる桜井市の纒向(まきむく)遺跡で、祭祀(さいし)に使われたとみられるカエルの骨が見つかり、専門家は、カエルが供えられたことを示す具体的な資料で、当時の祭祀を知るうえで貴重な発見だとしています。

桜井市の纒向遺跡は、3世紀から4世紀にかけての大規模な集落跡で、女王、卑弥呼が治めた邪馬台国の有力な候補のひとつとされています。

遺跡では9年前、卑弥呼の宮殿との説もある3世紀前半の大型建物跡のそばに掘られた穴の跡から、古代中国で神聖な果物とされ、当時の祭祀に使われたとされる2000個以上の桃の種と動物の骨が見つかりました。

この動物の骨を奈良女子大学の宮路淳子教授と琉球大学博物館の中村泰之協力研究員が詳しく調べたところ、魚のほか、カエルの骨が12匹分、含まれていました。

バラバラに埋められたカエルの骨には無数の傷があり、宮路教授は、「カエルが桃などと一緒に意図的に埋められていて、祭祀に使われた可能性がある」と話しています。

また、古代の祭祀に詳しい同志社大学の辰巳和弘元教授は、「地面をふんばって跳びはねるカエルは、古代、大地の主とされ古代中国では、霊力のある動物とされている。そのカエルが供えられたことを示す具体的な資料で、当時の祭祀を知るうえで貴重な発見だ」と話しています。

研究成果は、25日から桜井市立埋蔵文化財センターで展示されています。

【カエル供える行事が吉野町に】

カエルを神前に供える伝統行事は、今も吉野町に残っています。

奈良県の無形民俗文化財で、舞や歌などを奉納する「国栖奏(くずそう)」という吉野町の伝統行事では、神前にカエルが供えられます。

古くからの習わしで、カエルはなくてはならない供え物だということで、宮路教授は、「時代が違うので直接結びつけることは難しいが、新たな時代の資料が出てくれば、カエルを使った祭りがどのように変わりながら、受け継がれてきたか議論できるかもしれない」と話しています。

04月25日 13時46分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20190425/2050002234.html
4/25(木) 12:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000532-san-cul
4/25(木) 10:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000024-mai-cul

2 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:26:23 akOpVniZ0
カエルうまいよ
425 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 21:02:14 eGRdSFdH0
>>2
古代のことだし、当時はさぞ美味だったろう
532 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 21:33:29 uXnWGkCi0
>>2
うまいよな。

うぇ!とか言ってる奴は、大好物がハンバーグとカレーとナポリタンなんだろな(笑)

785 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 23:11:16 OEZtCniT0
>>2
食用ガエルよく捕まえてたよな
821 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 23:36:39 GWKzDMbS0
>>785
食用ガエルは鶏肉より美味いそうだよ
近所の爺様がマジックハンドで採ってきて近所に配ってる
825 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 23:41:35 mhbODjwL0
>>821
鶏のささみみたいな味だった。
オレは鶏モモの方が好き。
3 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:27:04 qI9uCnqu0
いや普通に美味しいけどな
287 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 19:42:49 gMGpQs+X0
>>3
鶏肉の笹身みたいだしな
唐揚げは普通に食える。
322 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 19:57:41 JzCMnTQJ0
>>287
ちょっとコクのある鶏肉だよな
ただ注文する時に店中の客にガン見されるwww
4 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:27:04 21PXAvik0
雨乞いの贄だろ
5 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:27:08 5upYFTVO0
邪馬台国特定してからやれ
536 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 21:34:34 J5cMGgyQ0
>>5
かえるでほぼ特定
6 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:27:16 /EadBXk60
まぁ当時は水も綺麗だっただろうからな
7 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:27:21 UCRImvRq0
今でも食うのにそんなに驚くことか
8 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:27:23 yIs+C+Fa0
諏訪大社じゃなくてか
57 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:44:10 gWP4K4cH0
>>8
ミシャクジの儀式が古代のままと考えたほうが妥当だよな
124 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 18:09:59 a7In3kXd0
>>8
滅んだ古代信仰の名残が残っているのもまた不思議だよな
9 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:27:25 0sDlx63y0
だから邪馬台国はならじゃないってw
14 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:28:58 Iie0Hmww0
>>9
九州でもないよ
20 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:31:16 0sDlx63y0
>>14
九州でもないかもしれないが
奈良では絶対にない
奈良ならもっと多数の確実な証拠が保存されているに決まってんだろ
236 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 19:18:26 aohrlaAX0
>>20
保存ってなによ?
65 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:47:38 tCWaHkfH0
>>9
終わりに通ずる尾張は1000年以上続いたぞ
10 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:27:37 wxd2Y3Po0
カエルは帰るに通じるからな
17 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:29:34 /bHTfUCw0
>>10
もしかしてカエルって言葉1000年以上使われてると思ってる?(笑)
170 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 18:42:16 +rnjyYCg0
>>17
千年は使われていないのか?
クワガタは武士の兜の部分の事らしいし、カエルもけっこう後の方に定着したのかな
123 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 18:09:46 yB24DclM0
>>10
同じ場所に帰るからカエルだろ
16 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:29:30 3zLSJtfW0
むしろなぜあんなありふれて捕まえやすい肉を食わないと思う
21 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:31:29 kiXlRbow0
まあカエルは先進国のフランスでも食べるからなあ
187 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 18:47:08 SH8COkUP0
>>21
先進国の中国も食べるよ
22 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:31:39 2vJh1ZEn0
雨乞いに使ってたんちゃうんか?知らんけど。
23 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:31:49 t4ccbqAQ0
食用蛙っているじゃん
26 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:32:18 EfP/NIAC0
雨乞いの儀式にはカエル必須だろ
29 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:33:06 hnr8gpxT0
あのー食用ガエルとかあるんですけど、普通に
ウシガエルも食用だしね
67 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:48:26 lnLoBRJZ0
>>29
一応ことわっとくけど、ウシガエル=食用ガエルは食用に改良して繁殖させたもんだよ
ガマガエルからトノサマガエルまで毒があって煮たくらいだと中々しつこい下痢する
30 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:33:08 yc3wRaY50
鶏肉と魚肉の間だな
32 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:33:51 O+7VbOGt0
カエル祭りとかやってたよな奈良のどっかの神社で
寺だったかもしれん
34 :名無しさん@1周年 2019/04/25(木) 17:34:17 rA73ZI9E0
そりゃなんだって食べたでしょうよ。
引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556180760/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする